ページトップ

お知らせ

HOME » お知らせ » 2012年夏の舞台終了

2012年夏の舞台終了

2012
09
19

2012年夏の舞台が終わりました。

2011年夏、山﨑は頚椎のヘルニアという病気にかかり、腕の痺れ、握力低下、神経過敏・・安静をいいわたされました。毎日の通院と注射、薬ずけ治るのかと不安になりました。といっても安静にしていられない性格ゆえ、何とかお稽古に向かい、発表会、そして下記の舞台をこなし、結果的にハードなスケジュールを乗り越えました。相談にのってくださった方、ありがとうございました。家族の支え、経験者の励まし、生徒さんの存在のおかげで頑張れました。現在まだ時々痛みが出ますが、気をつけていれば、強い症状が出る前に予防できます。
病気のとき、けがのとき、出産育児で、てんてこ舞いの時期・・本来休養しなければならないときこそ、「次はないかもしれない・・」と後悔しないようにと頑張ってしまいます。今年も無理はしない予定でしたが、振り返れば、2ヶ月で4つの舞台。いつになく忙しかった。皆さんもいつも「これが最後でも食いはない」という気持ちでベストを尽くして踊ってほしいと思います。では報告です。

7月6日(金)東京新聞主催現代舞踊展  メルパルクホール平岡一路、岡村えり子作品「蒼の記憶」
      
 当スタジオ出演者 山崎麻矢 大倉美帆 熊谷美紀 森川瑶子

7月22日~29日埼玉県舞踊協会主催 埼玉県全国舞踊コンクール さいたま市文化センター
          
成人の部入選 「美しき棘」森川瑶子 
          山﨑麻矢 児童の部 予選審査員をいたしました。
          出場者の皆さんは休日返上で頑張りました。お疲れさまでした。
          思うようにできないときもあります。結果が必ずしもいいとは限りません。
          自分との闘いです。「練習は本番のように、本番は練習のように」
          いつでもベストを尽くして踊っていれば、悔いはないでしょう。
          そのようになれるように心も体も鍛錬していきましょう。

8月2日(木)全国青少年夏の舞踊祭 ジュニア公演 なかのZERO ホール  「響き届け」参加
出演 福沢由栞 高崎麗奈 飯島笑菜 岡 綾乃 佐々木莞那 岩澤明日香 細渕梨花 小池アンナ 
    大平柚季乃 日吉郁美
       「響き届け」3度目の舞台。高らかに声を張り上げ、バチをたたき踊りました。楽しかったね。
         
8月27日(月) ボランティア活動  鶴ヶ島ケアセンターそよ風訪問  幼児科、児童科有志14名
         
おじいちゃん、おばあちゃんに楽しんでいただきました。涙を流して喜んでくださる方、
         声をかけてくれたり、手拍子してくださる方。最後には握手をして子供たちが、席をまわりました。
         華やかな舞台も魅力的ですが、このように身近な方に喜んでもらえる。踊りで人の役にたつ。
         そんな体験が出来て有意義な時間だったと思います。近隣のケアセンター老人ホームなど
         都合があえば訪問できます。保護者の皆様のお勤め先など、ご依頼ございましたらお声がけください。
        

 

 

 

 

 

 

 


お知らせに戻る≫≫