ページトップ

お知らせ

HOME » お知らせ » 第3回子供川越コンシェルジュ

第3回子供川越コンシェルジュ

2018
08
26

「英語で歌って踊って学ぼう!」
第3回子供川越コンシェルジュがウエスタ川越小ホールで開催されました。
山崎もダンス指導で実行委員として加わりました。
発表会でコラボした小林範子先生の楽曲「虹の玻璃(地球)the
earth can be beautiful again  地球はもう一度美しくなれる・・」をテーマに未来を担う子供たちに今の地球環境について学んでもらい、英語バージョンの虹の玻璃を合唱、降りをつけて踊りながら歌い上げる・・を2時間でこなす。を目標に計画してきました。
申し込みのお子様、スタッフ、保護者の皆さんを交えると100名以上が集まり練習をしました。
山崎振付、当スタジオの生徒による「虹の玻璃(地球)」のパフォーマンスから始まり、環境についてのお話、映像、歌と踊りの練習。グループワーク。最後の仕上げで保護者の皆さんの前で発表しました。
上は80歳を越えたコーラスのメンバーから下は幼稚園生まで。世代を越えて一緒に取り組み、ほっこりしつつも内容の充実したワークショップだったと思います。
11月11日(日)川越市合唱連盟の公演に参加させていただける機会もいただきました。ウエスタ川越大ホールで行われます。
舞踊関係者、生徒関係者以外のたくさんの皆さんにモダンダンスを楽しんでいただける良いチャンスです。とてもありがたく思います。本日参加の皆さん。皆さんの踊りでたくさんの方を笑顔にしましょう。是非ご参加くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

「虹の玻璃(にじのちきゅう)試聴

虹の玻璃

「私は地球が大好きです。地球上の自然の織りなす景観やさまざまな人々や素晴らしい文化の数々。できるだけいろんな国に行って多くの人と話をし、何でも楽しみたい。
いくつになっても全く変わらない思いです。でも、そんな地球が、地雷や化学兵器などによって破壊されてしまう。さらに昨今は、二酸化炭素の排出量の増加により温暖化に歯止めがかからなくなり、地球はどんどん暑くなっています。
こんな中、もう一度美しい地球を取り戻したい、そんな想いからこの曲ができました。
葉祥明さんの美しい挿絵とともに、地球がもう一度美しく輝く未来を想像して誕生した曲です。小林範子」


お知らせに戻る≫≫